【ビートボックス】初心者が100日間やってみた【形になる】

音楽
うきくん。
うきくん。

この記事は、こんな人におすすめ!

  • 「時間があるし、何か始めてみようかな?」
  • 「趣味も特技もなく、簡単なことを探している」

【お先に結論】

知識ゼロの完全初心者でも、

100日間練習し続ければ、

 ヒューマンビートボックス

ができるようになる。

うきくん。
うきくん。

記事の内容だよ!

  • ビートボックスを始めた理由
  • どのように練習したのか
  • どのくらい練習したのか
  • どんなことができるようになるのか

はい、うきくん。(@ukikun.)です!

現役保育士をしています!


あなたは、

 ヒューマンビートボックス

って言葉を聞いたことがありますか?


一言で説明すると、

 人体から出る音(声など)を駆使し、音楽を奏でる

ことです。

わかりやすく言えば、

 ボイパ(ボイスパーカッション)の上位互換

的な存在でしょうか。

(わかりづらくなっていたら、申し訳ない・・・)


ボイパは、

アカペラ合唱などで装飾音やリズム隊として、

耳にすることが多いです。

対してヒューマンビートボックスは、

一人であらゆる音を出し、

音の組み合わせでパフォーマンスを成立させています。


今回は、

 初心者が100日間ビートボックスをやってみた

と題して、

私自身がビートボックスにチャレンジした、

過程や結果を解説していきます。


「これからヒューマンボックスを始めてみようかな?」

「何か新しいことにチャレンジしたいな」

と考えている方は、

ぜひ記事を読み進めてください!


それでは早速、見ていきましょう!

スポンサーリンク

【ビートボックス】初心者が100日間やってみた【形になる】

  • ビートボックスを始めた理由
  • どのように練習したのか
  • どのくらい練習したのか
  • どんなことができるようになるのか

ビートボックスを始めた理由

参考になるかどうかはわかりませんが、

私がビートボックスにチャレンジした理由を

少しお話しします。

興味ない方はぜひ読み飛ばしてください。笑


理由は、以下の3つです。

  • 何か新しいことに挑戦したかった
  • 継続の重要性を伝えたかった
  • 天国にいる赤ちゃんに何かを届けたかった

ざっくりと言いましたが、

どうでしょうか?笑

何の感想も出てこないと思います。


特に深堀はしませんが、

新しく物事を始めるのには、

何かしら理由があることがわかりますね。

うきくん。
うきくん。

それでは、本題に進むよ!

どのように練習したのか

  • 教則動画を真似して練習した
  • 自分の音を録音して聞いて、修正していった

はい、当たり前ですね。笑

素人はまずプロから学びましょう。


具体的な動画はこちらです。

それぞれプロのビートボクサーの方々が、

ビートボックスの基礎から丁寧に

教えてくださいます!笑


プロの教えをYouTube(無料)で見れるなんて、

とてもありがたい話ですよね。



あと、さらっと言いましたが、

 録音して自分で聞いてみる

のは非常に勉強になります。


カラオケ(自分の歌)も同じですが、

自分の出した声や音を聞いてみないことには、

何が良くて何が悪いかがわかりません。


良いところは変えずにより練習し、

悪いところは修正しながら練習しましょう。

うきくん。
うきくん。

練習場所は、

お風呂や車の中がおすすめだよ!

どのくらい練習したのか

1日最低でも5分は練習

後述しますが、

私はビートボックスの練習風景(音のみ)を

YouTubeに100日間アップし続けていました。


1日のうち練習したのは、

動画撮影の間のたったの5分程度。

「気が向いたら、他の時間にも練習しようかなー?」

くらい適当な感じでした。笑


こんな話があります。

楽器は、

1週間に1回1時間練習するよりも、

毎日10分練習する方が上達する

例え話のように思えますが、

これは事実なのです。


私も経験がありますが、

勉強も楽器の練習も、

1週間経てば大体忘れています。笑


それならば、

毎日少しでも触れていた方が、

記憶や感覚が離れづらいという話です。


できる限り毎日練習を続けましょう。


長くできる日は長く練習すればいいですし、

時間がない日は少しだけ練習すればいいのです。

うきくん。
うきくん。

少しの練習でも、

やらないよりはマシ。

少しでもいいから続けてみよう!

どんなことができるようになるのか

主要なものを一覧にしました。

  • バスドラム
  • スネアドラム
  • ハイハットシンバル
  • Pスネア
  • Kスネア
  • リムショット
  • 8ビート
  • 16ビート

主要なものというより、

基本的なものですね。

これらの組み合わせにより、

基本のビートを刻みます。


この他にも、

クラブスクラッチやボイススクラッチ、

シンセサイザーやコンガなどもありましたが、

クオリティがいまいちでしたので、

できた内に入れませんでした。笑


正直、100日間しっかり練習すれば、

並大抵のことは

できるようになりますよ!

うきくん。
うきくん。

基本の音は地味に感じるけど、

組み合わせていくと不思議な喜びがあるよ!

ビートボックスがとっつきづらい方には、

 ドラムを経験

してみることがおすすめです。

ビートボックスで出す基本の音は、

 全てドラムが基本

となっています。


ドラムを始めるなら、

独学よりもプロに教わる方が

 1000倍上達

しますよ。

子どもから大人、高齢者の方も大歓迎!【椿音楽教室】

参考

うきくん。の練習風景を

YouTubeに投稿していました。

 1日目と100日目の比較

を載せておきます。

1日目→【天国の赤ちゃんへ!】ヒューマンビートボックスへの道編 1日目 – YouTube

100日目→【100日目】ヒューマンビートボックスへの道編【最終日】 – YouTube

うきくん。
うきくん。

趣味:ビートボックス

って言えるくらいになったかな?

お子さん
お子さん

たのしそー!

ぼくもやるー!

まとめ:【ビートボックス】初心者が100日間やってみた【形になる】

ビートボックスって、

すごく始めやすそうじゃないですか?


ここまでの内容を、簡単におさらいしてみましょう。

  • ビートボックスを始めた理由
  • どのように練習したのか
  • どのくらい練習したのか
  • どんなことができるようになるのか

簡単にまとめると、

 1日5分の練習を毎日続けると、

 ビートボックスができるようになる!

ってとこでしょうか。


もし、

  • 新しいことを始める楽しさ
  • 物事を継続する大切さ

があなたにも伝わったら、

この記事と私の100日間は、

無駄でなかったと思えます。


少しでもあなたのためになったらうれしいです。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございました!

「継続は力なり」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました