【若月佑美】ぎゅっと魅力をまとめました。

音楽

はい、うきくん。です!

あなたは、若月佑美さんを知っていますか?

若月佑美さんとは、

アイドルグループ乃木坂46の元メンバーで、

現在は女優業を中心にしている芸能人です。

最近では、

「今日から俺は!」や「私の家政夫のナギサさん」

などドラマにも多数出演していたので、

もしかしたら名前を聞いたことやテレビで見たことがあるかもしれません。

今回は、若月佑美さんをまだ知らない人へ向け、

簡単な経歴や魅力をぎゅっとまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

【若月佑美】ぎゅっと魅力をまとめました。

おさるさん
おさるさん

若月佑美さんについて、

ぎゅっとまとめて説明するよ

私が若月佑美さんを知った時には、既に乃木坂46を卒業していました。

ですが、過去の出演動画やライブ映像を観ているうちに、

すっかり若月佑美さんに魅了されファンになりました!

乃木坂46は今も一線で活躍しているアイドルグループですが、

若月佑美さんの存在は大きすぎた故、今でもその魅力は忘れられません。

では、そんな偉大な若月佑美さんの魅力など出来る限りご紹介していきます。

独断と偏見があるのは、お許しくださいませ。

  • 簡単なプロフィール
  • 簡単な経歴
  • 若月佑美ってどんな人?
  • 好きなもの
  • 若月佑美の代名詞たち
  • スキャンダル

簡単なプロフィール

氏名   若月佑美(わかつきゆみ)

生年月日 平成6年6月27日(26歳)

出身地  静岡県富士市

血液型  O型

簡単な経歴

平成23年8月  乃木坂46の1期生オーディションに合格

平成29年11月 1st写真集「パレット」 

平成30年11月 乃木坂46を卒業

平成31年10月 ドラマ「今日から俺は!」川崎明美役で出演

令和 2年 4月 雑誌「Oggi」の美容専属モデルに抜擢

      7月 ドラマ「私の家政夫ナギサさん」天馬あかり役で出演

     12月 公式YouTubeチャンネル開設

若月佑美ってどんな人?

乃木坂46時代から、マジメでまわりからは「若様」と呼ばれるイケメンキャラ。

どんな仕事に対しても真摯に取り組み、

その男前のルックスそのままの通りに、サバサバした性格です。

女子でそんな魅力的な人がいたら、思わず惚れてしまいますよね。笑

乃木坂46時代は、当時在籍していた桜井玲香と非常に仲が良く

レズコンビと言われるほど、お似合いの2人でした。

若月佑美さんのマジメエピソードとして、

  • 歌詞を曲中で忠実に再現する(苦しい、ボールを打った金属音など)
  • マジメにシャンプーをやりすぎて腕の筋肉がつく
  • 無くなったら困るものと聞かれ、「水と酸素」と回答

まあ、とにかく愚直であり素直な性格が伝わってきますよね?

その魅力に好感度は爆上がりなわけございます。

ある時、若月佑美さんは

「マジメ過ぎてつまらない」

と周囲から思われ、自分自身その性格を変えるために、

TBSの番組「乃木坂工事中」の企画「脱マジメ化計画」

において、

ユーモアスピーチコンサルタントである若林一声さんが運営している、

「ユーモア教室」に訪れました。

そこで、若林先生から

「箸くん」

と呼ばれるお家芸(ギャグ)を伝授され、

そこから「箸くん」伝説が始まったのです。笑

箸くん・・・若月佑美さんがユーモア教室にて手に入れた一発芸。

      以後、握手会やライブにおいて「箸くん」を求められるようになります。

      若月佑美=箸くん」のイメージが色濃くなりました。

参考元URL:”若月佑美”の脱真面目化計画 – YouTube

好きなもの

食べ物・・・アイスクリーム

本  ・・・新川直司「四月は君の嘘」

楽曲 ・・・平井堅「グロテスクfeat.安室奈美恵」

色  ・・・黒

若月佑美の代名詞たち

箸くん

上記でも説明した、一発ギャグです。笑

若月佑美さんがまだ乃木坂46に在籍していたころは、

ライブ中に観客席から「箸くーん」とコールされたり、

握手会では、若月佑美さんと箸が一緒にブース内にいたりと、

箸くんがだいぶ浸透していたようです。

若月佑美さん自身は、日ごろから箸を持ち歩いていたなど、

マジメで高いプロ意識も伺えました。笑

もしくはマネージャーに箸を持たせていたそうですよ。笑

【箸くんエピソード】

  • 箸のプレゼントが大量に届く。
  • CMでも「箸を持ってください」と言われる。

若様軍団

若月佑美さんが乃木坂46在籍中に立ち上げたユニットです。

当時、若月佑美さんを慕っていた3期生の山下美月さん、

梅澤美波さん、阪口珠美さんを加えた計4名編成。

代表曲に「失恋お掃除人」という良曲があります。

同曲のMVではそれぞれ、

若月佑美さんは「箸担当」、山下美月さんは「スプーン担当」

梅澤美波さんは、「ナイフ担当」、阪口珠美さんは「フォーク担当」

と謎の割り振りがありますが、まあ笑えますよ。

スプーン担当「みなさんのハートをすくっちゃうぞ♡」

フォーク担当「あなたの心に突き刺さったかな?」

曲中では、若月佑美さんの「長セリフ」部分もあり、

聴きどころの一つとなっています。

私は、「スーパー若月タイム」と呼んでおります、はい。

芸術家

若月佑美さんは、絵やデザイン、アートなど美術を得意としており、

高校時代、大学時代と美術について学んでいました。

仁科展という美術の展示会では、

平成24年からデザイン部門で8年連続入賞と快挙を達成しています。

若月佑美さんの努力と才能は尊敬に値しますよね。

プライベートでは、お菓子作りや料理を得意としており、

50、60歳くらいにお店を開きたいと公言しています。

闘魂

若月佑美さんは、「乃木坂46イチの闘魂少女」と呼ばれていた過去もあります。

以前乃木坂46の番組内で体力測定をやった際に、

黒地に金色の文字で「闘魂」と大きく書かれたシャツを着ていたことから

そのイメージが定着しました。

その当時は「闘魂」の意味はわからず、ノリで着ていたそうです。笑

ロボット

若月佑美さんは、乃木坂46の番組での

「やってみたらできるかもしれない。」

「今後やっていきたいと思っているものがありますか?」

とのアンケートに、

ロボットダンス

と回答したことがきっかけでした。

若月佑美さんは番組内で急にロボットダンスをすることになりましたが、

その結果、ロボットダンスというよりまさかのロボット。

「すべる」という大事件によりロボットキャラが確立しました。笑

当時握手会では、「ロボット連番」と言われる、

お客さんがみんなロボットで入ってくる現象も起きたのでした。

ボイスパーカッション

若月佑美さんは、テレビ番組の企画「夏休みの課題」にて

ボイスパーカッションを習いに行きました。

ですが、メンバーやスタッフの前でお披露目する回では、

完成度の低さにみんな大人の対応をせざるを得ませんでした。笑

その完成度の裏には、「2回しか教わっていない」「女性は体の構造上難しい」

と言った壁があったそうです。

後々メンバーから「ラップやっていたよね?笑」と

いじられるネタへと成長しました。笑

スキャンダル

若月佑美さんには、良いことばかりでなく、

過去には大変な時期もありました。

平成23年の「彼氏とのキスプリ流出事件」と呼ばれるスキャンダルです。

若月佑美さんが乃木坂46に加入してから間もなくのこと。

厳密にいえば、乃木坂46へ加入する以前のキスプリが、

乃木坂46オーディション終了後に流出してしまったので、

スキャンダルと呼ぶには語弊があります。

ですが、この事件により、若月佑美さんは一時的(24日間程度)

に活動を自粛せざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

ですが、その後は目立ったスキャンダルや問題もなく、

芸能界で活躍をし、現在に至っているようですね。

まとめ:【若月佑美】ぎゅっと魅力をまとめました。

マジメで努力家の箸くん。

これからも成長していくのが楽しみですね!


ここまで読んでいただき、

ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました