【ランサーズ】文字単価による決定的な違い3つとは?【ライティング案件】

ライティング
  1. 高くなれば高くなるほど専門性が高まる
  2. 低ければ低くなるほど誰でもできる
  3. 文字単価0.5~1.0円ならさほど大差はない

はい、うきくん。です!

「文字単価の違いって何なの?」

「どの仕事を選んでいいかわからない」

と悩んでいませんか?

最初は正直、どれがなんだかよくわかりませんよね。

そこで今回は、

 文字単価による決定的な違い3つとは?

について、実例や理由などについてお話ししていきます。

  • 文字単価って何?
  • 文字単価によって何が違うの?
  • 結局どの案件を受けていいかわからない

そう考えてる人は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

【ランサーズ】文字単価による決定的な違い3つとは?【ライティング案件】

  1. 高くなれば高くなるほど専門性が高まる
  2. 低ければ低くなるほど誰でもできる
  3. 文字単価0.5~1.0円ならさほど大差はない
おさるさん
おさるさん

文字単価による案件の内容の決定的な違い3つについて、

実例をもとに理由を順番にお話ししていきます。

文字単価・・・1文字あたりの報酬

例えば、1,000文字=1,000円なら1文字=1円

    1,000文字=  500円なら1文字0.5円

高くなれば高くなるほど専門性が高まる

子どもさん
子どもさん

専門性そのものに価値があると考えられてるよ

ランサー
ランサー

え、マジ?

じゃあ、資格を取りまくらないと!

子どもさん
子どもさん

必要な資格と無駄な資格を

きちんと見極める必要があるよ。

「資格貧乏」にはならないでね。

文字単価が高い(2.0円以上)のには理由があります。

それは、

 専門性が求められる案件

だからです。

  • レアメタルの採掘方法について
  • 金の効率的な運用方法と売却方法について
  • 硬水が人体にもたらす有効性について

上記の内容を見ていくと、専門性が非常に高く

ネットで検索しただけでは簡単には回答が見つからないと思います。

こういった、特殊な専門性が求められる内容については、

  • 専門的な知識を持っている人が少ない
  • 専門的な内容を集めるのに時間と労力を要する
  • そもそも仕事を受けてくれる人がいない

ことから、

専門性の高い知識を持つ人は貴重であります。

ですから、高い報酬を支払ってでも人材を獲得したいという

クライアントの意向により文字単価が高くなるのです。

また、貴重な人材を手放さないためにも、

高額な報酬を支払うことも理由の一つです。

低ければ低くなるほど誰でもできる

子どもさん
子どもさん

誰でもできる仕事は単純作業が多いね。

クライアントは自分しかできない仕事に集中するために、

簡単な作業は他の人に依頼しているんだよ。

ランサー
ランサー

へーなるほどね。

でも、簡単な仕事もたくさんこなせば稼げるでしょ!

子どもさん
子どもさん

時間効率を基準に考えよう。

内容によっては、得することもあるけど、

損するかも。(時間や労力の割に合わない)

文字単価が低い0.4円以下(人によります)の案件ですと、

ほとんどの場合、

 誰でもできる簡単な案件

であることが多いです。

  • コピペだけの簡単なもの
  • 漫画のネタバレ記事や感想

などの案件は文字単価が非常に低いです。

私も10記事で200円みたいな

お金にならない仕事も受けました。笑

経験を積むという意味では、それもありとも言えますが、

時間の割に報酬は得られないことは覚悟が必要ですね。

趣旨は少し違いますが、

タスク案件も報酬が非常に低いため

稼ぐという観点からはおススメできませんよ。

タスク案件もアンケートなどの

誰でもできる簡単なお仕事ですので、

報酬が格段に低いです。

最初の1度で十分な案件と言えます。

文字単価0.5~1.0円ならさほど大差はない

子どもさん
子どもさん

仕事なら何でもいいわけではないんだよ。

極端な話、仕事内容が同じなら、

文字単価を高い方を選ぶのが定石だね。

ランサー
ランサー

ふーん、なるほどね・・・。

それは大事なことだ!

公開されているライティング案件をざっと見渡した感じ、

 文字単価0.5~1.0円はさほど大差ない

と言えるでしょう。

つまり、求められるライティング能力の差が

ほとんどないので、その中から案件を選ぶとしたら

より高い案件を狙っても良いと思います。

私自身も初心者ライティング本を読み漁っていますが、

ほとんど上記と同じようなことが書かれています。



少しでも多く稼ぐという観点でも、

時間単価を考える観点でも、

文字単価の高い案件にチャレンジしていくのは良いことですよ。

ですが、文字単価が1.1円以上になってくると、

案件の内容が大変であったり、競争が激しかったりするので、

状況を見極める力も必要ですね。

まとめ:【ランサーズ】文字単価による決定的な違い3つとは?【ライティング案件】

  1. 高くなれば高くなるほど専門性が高まる
  2. 低ければ低くなるほど誰でもできる
  3. 文字単価0.5~1.0円ならさほど大差はない

コメント

タイトルとURLをコピーしました