【残り5か月】30代になる前にやっておくべきこと5選

体験談
うきくん。
うきくん。

この記事は、

こんな人におすすめ!

  • 今何をしたらいいか悩んでいる人
  • まもなく30代の階段を上ろうとしている人
  • 将来が不安で不安で仕方ない人


本記事の内容
  • やっておいた場合のメリット
  • やらなかった場合のデメリット
  • 30代になる前にやっておくべきこと5選


はい、うきくん。です!

現役保育士をしています。

うきくん。
うきくん。

やっておくべきこと5選を

お先に発表するね!

  1. お金について知る
  2. 運動を習慣化する
  3. 自己投資する
  4. 旅行に行く
  5. 人間関係を整理する

22歳から社会人となった私も、

あと5か月で30歳になります。

8年とは長いようであっという間ですね。

そんなことを考えていると、

「まだやってないことがいっぱいある!」

「あれをやっておけばよかった!」

と思い始めるものです・・・。

今を楽しく生きるだけではなく、

 この先も楽しく生きるため

 やらなかったと後悔しないため

やっておくべきこと5選を

今から伝えていきますよ。

私自身の経験や本などから

受けた教えが元になっているので、

何かの参考になるかもしれません。

それでは、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

30代になる前にやっておくべきこと5選

まず簡単にメリットとデメリットについて

お話しますね。

やっておいた場合のメリット

  • 心身共に健康になる
  • 心が豊かになる

やらなかった場合のデメリット

  • 心身へのストレスが溜まっていく
  • 後悔の念が残る
うきくん。
うきくん。

って、ざっくりすぎ!

早速本題へ・・・。

  1. お金について知る
  2. 運動を習慣化する
  3. 自己投資する
  4. 旅行に行く
  5. 人間関係を整理する

お金について知る

具体的には、

お金について知る
  • 家計の支出と収入を視覚化する
  • 支出(固定費)の見直しをする
  • 投資(積み立てNISA)をする

これらはやっておいて良かった

と後々思えるでしょう。

1つずつ解説していきます。

家計の支出と収入を視覚化する

これをやらないとお金は貯まらずに

外へ出ていく一方になってしまいます。

ただ漠然と

「これくらいの収入だから、これくらい使えるお金があるなあ」

くらいに考えていると後々痛い目を見ます。

お金の動きをきちんと数値化し、

管理することで

どれくらい使えるお金があるのか

どこを改善するのか

将来どういう風にしていくのか

など先々のことを考えられますし、

お金の不安も多少は減るでしょう。

うきくん。
うきくん。

家計管理の第1歩!

家計を視覚化するのは少し億劫になりがちですが、

少しの手間が将来を大きく変えていくかもしれませんよ。

支出(固定費)の見直しをする

支出と収入を視覚化した後には、

支出を見直すことがおすすめです。

特に固定費が支出の大半を占めると思います。

例えば、

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 保険
  • 通信費
  • サブスク(定額サービス)

などがあげられます。

人間には

 現状維持バイアス一貫性の法則

と呼ばれる心理が働くので、

1度決めたことや始めたことを

なかなかやめたり変えられなかったりします。

うきくん。
うきくん。

詳しく知りたい人はググってね。



ですが本当に損をするのは、

 固定費を見直さずに無駄なお金を払い続けること

なのでぜひその1歩を踏み出してみてください。

相対的にお金が増えます(実際に増えているわけではありません)

投資(積み立てNISA)をする

最近各所で言われていますよね。

専門外なのでここでは詳しくお話しませんが、

 貯金より投資の方がお金が増える(可能性が高い)

ことはよく言われます。

中でも積み立てNISAは、

国が推奨している制度ですので、

気軽に始められる投資の第1歩に

なるでしょう。

参考:NISA特設ウェブサイト : 金融庁 (fsa.go.jp)

うきくん。
うきくん。

うきくん。もやっているよ。

運動を習慣化する

具体的には、

  • 散歩やジョギングをする
  • 筋トレをする

これだけで脳も体も生き生きします。

体だけでなく脳への刺激もあるので、

老化防止には運動は欠かせないようですね。

年を重ねるごとに、

運動機能は落ちていきますよね。

ならば何もしなければ老化していくのは

あっという間の話。

かと言って、

後々急に運動を始めるとなると

体を壊したり億劫になったり

するかもしれません。

今から始めておくことで、

抵抗もなくなりますし

若さもキープ!

うきくん。
うきくん。

でも、どれくらい運動すればいいのかな?

散歩もジョギングも筋トレも、

アスリートのように激しく

たくさんする必要はないと言われます。

私としては、

自分が心地よいと感じるくらいの

運動が適度なのかなと思います。

余談ですが、

私は運動と併せて

プロテイン(タンパク質)を飲んだり、

極力糖質(米やパン)を食べない

ようにしたりしています笑

うきくん。
うきくん。

食事制限はほどほどにね

自己投資する

具体的には、

  • 本を読む
  • 身銭を切り勉強する(資格など)
  • 高いもの(1流のもの)を買う
  • 体のケアをする

1つずつ見ていきましょう。

本を読む

言うまでもなく笑

これ、よく言われますよね。

知識や他人を経験を得る点では、

コスパ最強商品ですね。

先人が残してくれた英知が、

本の中には詰まってます。

知りたいことや悩みなんてものは、

本を読めばほとんど解決するのでは

ないでしょうか。

私のおすすめは、

  • さまざまなジャンルの本を読む
  • 気に入ったジャンルがあれば関連本を5~10冊くらい読む

幅広い点と点の知識がどこかで線として結びつき、

アイデアになったり役立ったりします。

私で言えばブログ記事や雑談の役に立っています。

気に入ったジャンルの本を何冊も読むと、

共通項が見えてきます。

それは誰もが大切だと感じた内容です。

覚えておいて損がないことですね。

また、この本には書いてあったけど、

こっちの本には書いてないことも

よくありますよね。

それもまた自身の知識として定着していきます。

うきくん。
うきくん。

感想などを本に直接書き込むと、

より定着するよ

身銭を切り勉強する(資格など)

やりたい分野の勉強をしたり、

やりたい分野に関する資格を取ることで

などしてスキルアップを図ります。

うきくん。
うきくん。

勉強や資格取得はプロセス。

その先を見据えて資格を取ろうね。

「苦労は買ってでもしろ」

みたいな格言があります。

私は苦労なんて

わざわざ買うもんじゃないと思いますが。笑

ここで言いたいことは、

無料の教材で勉強するよりも、

お金を多少でも出した教材の方が勉強しようという気が起きる。

いわゆるもったいない精神みたいなものでしょうか?(違うかも)

本でも同じようなことが言えます。

図書館などで読む無料の本より、

自分でお金を払って買った本の方が、

しっかり読むでしょう(私だけ?)

無料の本は、

「どうせ無料だし」

みたいな軽い気持ちがありますよね。

うきくん。
うきくん。

フリーペーパーやおまけの本は、

流し読みしちゃうね。

高いもの(1流のもの)を買う

今のうちに高いものを買っておこう、

良いものに触れ価値を知ろう、

というお話です。

例えば、趣味に関するバイクやギターなどの

ぜいたく品ですね。

将来的に結婚したり、

子どもができたりすると

独身時代のようにお金が自由に

使えない状況になります。

お金をかける優先順位が

大きく変わるからです。

例えば、

赤ちゃんが生まれるので、

赤ちゃん用品を揃えようとしています。

そんな最中、

500万円の新車のハーレー(バイク)は

買わない(買えない)ですよね?笑

うきくん。
うきくん。

世の中には買う人もいるかも。

バイクは移動手段でなく

趣味の範囲内である限り、

ぜいたく品なので

もしなくても必要最低限の生活ができます。

そういうものはもちろん

優先順位低めですね。

1流のものを買うことには、

 1流に触れる・経験する

ことが含まれます。

若いうちにあらゆる経験を積み、

価値観を広げておくことで、

将来の選択肢が格段に広がりますよ。

体のメンテナンスをする

余談にはなりますが、

体のメンテナンスをしておくことで

生活の満足度が上がります。

例えば、

  • 歯のクリーニング
  • 整体
  • ボディマッサージ
  • 入浴
  • ストレッチ
  • 脱毛

などが挙げられます。

旅行に行く

目的は、

  • 価値観を広げる
  • 未知の経験をする
  • リラックスする

理想は1人で行くことです。

他人に振り回されることなく、

旅の全てが自分の糧になります。

うきくん。
うきくん。

貧乏旅行も、

お金をかけたリッチな旅行も、

どちらも良い経験になるよ。

人間関係を整理する

具体的には、

  • 人脈を広げる
  • 付き合う人を見直す
  • 親友を育てる

ことが大切です。

簡単に解説していきましょう。

人脈を広げる

人脈は時として武器となります。

自分の専門外の分野を知る仲間がいれば、

いざというときに心強いはずです。

もしも付き合う中で、

合わない、必要ないと思えば

関係を続ける必要はありませんよ。

付き合う人を見直す

もしあなたが結婚をすれば、

家族との時間が増え、

その分自分の時間が少なくなります。

そうもなれば余計な人との付き合いで、

時間を取られる訳にもいきません。

大切な時間がなくなってしまいますよね。

だからこそ付き合う人を見直し、

必要のない関係を断ち切る必要があります。

付き合う人は、

  • 一緒にいて自分の心が豊かになる人
  • 一緒にいて気持ちが楽な人

に絞っていくのがいいでしょう。

一緒にいて嫌な気分になる人とは、

距離を置くことが必要ですよ。

「あなたの周りにいる5人の平均があなた」

という言葉があります。

付き合う人次第で人生が、

良くも悪くもなるのです。

親友を育てる

あなたには親友と呼べる人がいるでしょうか?

一緒にいて気が楽だったり、

何でも気兼ねなく話したり。

そういった関係の人が1人でもいれば、

きっとあなたの力になるでしょう。

ですがパッと親友を作るのは

容易なことではありませんよね。

長い時間をかけてじっくりと

関係を築くためには、

早めに親友候補を見つけることを

強くおすすめします。

うきくん。
うきくん。

学生の頃は友達が自然と

できるけど、

社会人になると友達って

作るの難しい。

まとめ:30代になる前にやっておくべきこと5選

今回は30代になる前にやっておくべきこと5選について解説しました。

ここまでの内容を簡単に

おさらいしてみましょう。

1.お金について知る
  • 家計の支出と収入を視覚化する
  • 支出(固定費)の見直しをする
  • 投資(積み立てNISA)をする
2.運動を習慣化する
  • 散歩やジョギングをする
  • 筋トレをする
3.自己投資する
  • 本を読む
  • 身銭を切り勉強する(資格など)
  • 高いもの(1流のもの)を買う
  • 体のケアをする
3.自己投資する
  • 本を読む
  • 身銭を切り勉強する(資格など)
  • 高いもの(1流のもの)を買う
  • 体のケアをする
4.旅行に行く
  • 価値観を広げる
  • 未知の経験をする
  • リラックスする
5.人間関係を整理する
  • 人脈を広げる
  • 付き合う人を見直す
  • 親友を育てる

ここまで5つに絞り解説してきましたが、

もっと入れたいくらいです。笑

どれも大切なことばかり。

実際に私もやっておいて良かったと思うことばかりです。

ですがもし何もできず30歳になっても、

落ち込む必要はありません。

「よし、やろう」と決意し、

やり始めたときが1番若い瞬間です。

早く始めることに越したことはありませんが、

遅すぎることもありませんよ。

うきくん。
うきくん。

後回しにせず、即行動が吉。

私も残り5か月、

悔いのないように過ごしていきます!

でもまあ、やりたいことが

まだまだたくさんあるんですよね。笑

あなたも後悔のない人生にしていきましょうね!


あなたの参考になればうれしいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

「未来のために、今頑張ろう」

コメント

タイトルとURLをコピーしました